お笑いコンビのティモンディの高岸宏行さんが気になります。

相方の前田裕太さんとは野球の名門済美高校でともに甲子園を目指した仲でした。

そのティモンディの高岸宏行さんの済美高校時代がすごいんです。

プロも注目する投手だったと。

そんな凄い投球の動画も紹介します。

スポンサーリンク

ティモンディ高岸の済美高校時代がすごい!

ティモンディ高岸

ティモンディの高岸宏行さんは、甲子園優勝経験のある野球の名門校の済美高校の出身です。

済美高校と言えば2004年に選抜大会に初出場で初優勝をしています。

その後も春夏合わせて10回近く出場している強豪校です。

ティモンディの高岸宏行さんは、中学時代の先輩の影響で済美高校を選んだそうです。

そこで相方である前田裕太さんと出会います。

ティモンディ高岸

厳しい練習で有名な済美高校で実力を伸ばした高岸宏行さんは、2年生時から控え投手兼野手としてレギュラー入りします

野球の強豪校で2年生からレギュラーって凄いですね。

3年生の夏の大会では、背番号7を背負い野手として活躍していました。

残念ながら、エースナンバーの1番は他の選手が付けていました。

しかし、投手としても登板し結果を残しています。

ティモンディの高岸宏行さんは、済美高校時代に

投手で最速147キロを出し

打者としてホームラン20本打った

とんでもなく凄い選手だったのです。

スポンサーリンク

ティモンディ高岸はプロ注目の投手だった

済美高校時代のティモンディの高岸宏行さんの投球がこちら⬇️

全国高校野球愛媛県大会での北宇和戦での投球です。

高校生ですでに140キロ前後のストレートを投げています

そんな逸材にプロ野球球団も注目しており実際にヤクルトスワローズ阪神タイガースからスカウトの話があったそうです。

しかし、済美高校の上甲監督に

大学行って、確実に上位で指名されるようになってから行った方がいいんちゃうか

と言われ大学に進学しています。

ティモンディ高岸の凄さの秘密は独特の練習にあった

済美高校には、上甲監督という名監督がいました。

練習方法が独特で面白いです。

しかも、しっかり強くなることに繋がっていて凄いです。

常に全力であいさつ

上甲監督の方針で「常に全力で」という言葉があったと語っていました。

なんでも、校内で監督や先生を見かけたらどんなに遠くても大声であいさつしていたんですって。

ちょっと異様な光景をイメージしてしまいます…

入部当初は、あいさつの練習の毎日で1日もボールを使わせてもらえなかったそうです。

しかし、この経験が芸人になった今活かされているそうです。

確かに元気よくあいさつする人は、先輩芸人にも好かれそうですね。

5キロの丸太を担いで疾走する

ティモンディ高岸

5キロの丸太を担いでグランドを疾走するという練習があったと。

リレーしながら永遠に走ると。

なんかすごい原始的な練習ですね。

映画「ロッキー」の試合前のトレーニングでみたい…

平均台の上でシャドーピッチング

ティモンディ高岸

体操で使う平均台よりも少し細い平均台の上でシャドーピッチングやキャッチボールをしていたと。

バランスの悪いところで練習することにより体のバランス感覚を養っていたのでしょうか?

実際、高岸宏行さんのフォームはとても安定していて綺麗です。

ティモンディ高岸

ゴムで引っ張られながら100m走

ティモンディ高岸

ゴム走というトレーニングもやっていたそうです。

これは、2人1組みになり150mのゴムを腰に巻いて引っ張りながら走るという練習。

これによって100mを10秒台で走れると!

これによって体に最大限の出力をすり込むそうです。

う〜ん、なかなか考えらたメニューですね。

トンカチ練習

ティモンディ高岸

2kgくらいのトンカチを持って20人程が1列に並んでトンカチを叩く動作を2000回やったと。

なんだか面白い練習だなと思いました。

しかし、実はこれによって手首が鍛えられリストの強いバッティングにつながるとても合理的な練習だったのです。

ティモンディ高岸は甲子園に出場できた?

高岸宏行さんが、1年生のときに夏の甲子園に出場した済美高校。

しかし、この時はアルプス席からの応援でした。

2年生からレギュラーを勝ち取った高岸宏行さん。

しかし、2年生のときは県予選の決勝で敗れてしまいます。

そして迎えた3年生。

夏の県大会決勝で、宇和島東高校と対戦し3-2で惜しくも敗れてしまいました

ティモンディ高岸

結局、甲子園のグランドには立てなかった高岸宏行さん。

それでも、厳しい練習を乗り越え3年間過ごしてきたことが今お笑いの世界で活きていると語っていました。

高岸宏行さんの明るい笑顔には、この時の悔しさをバネとしているの前向きなパワーを感じます。

スポンサーリンク